星野村森づくり 枝打ち&間伐

矢部川をつなぐ会のつながりで

星野村グラウンドワーク福岡ホタルと石橋の館)の

会員Tさんの山にお邪魔して枝打ちと間伐。

枝打ちには2種類あって森の中で作業をしやすいように

行う「泥枝打ち」と材の品質をあげるために節が

入らないようにする「枝打ち」。今回の枝打ちは泥枝打ち。

本当はナタを使うそうですが初心者には危ないということで

有明会メンバーは手ノコ使用です。

冬のほうが樹液の少なさなどで腐りや病気が出にくいので

枝打ちに向くとのこと。

間伐は野菜でいう間引きのようなもの。密集して暗くなった森に

陽が差し込むように木を切り倒していきます。

普段はハゼ、椿、山桜の植林や手入れで

ほとんど杉・ヒノキとのつきあいのない有明会には

なかなか機会のない山仕事でした。

R0011479.JPGR0011485.JPGR0011487.JPG